さむがりがさむいところへ

スウェーデンに留学をすることになったので、行くまでと行ってからと行ったあとの記録を残すことにしました。とりあえず行くまでは、心境の変化やら準備の様子やらを自分のためにつらつら書きます。

<マンガ日記>家族旅行

滞在記をつける前に、マンガをブログに載せる練習をしておこう第2弾。

 

先日、家族で伊豆に行ってきました。

f:id:yukana777:20170820001123j:plain

一日目は雨に降られてしまい、目的であった海には入れませんでしたが、温泉が気持ちよかったです。

f:id:yukana777:20170820001717j:plain

座椅子に挟まれる妹子。

 

 

夜は、恒例のトランプ大会をしました。父上はとても弱いです。

f:id:yukana777:20170820001148j:plain

百味ビーンズってご存知ですか?
腐ったタマゴ味とか、草味とか、せっけん味とか、妙にリアルで激マズな味のグミ?です。

f:id:yukana777:20170820001759j:plain

f:id:yukana777:20170820001959j:plain

 草味っていうめっちゃ生臭い青臭いのも食べてたんですが、それも「別に不味くない」と言ってました。(私は同じものを以前食べたことがありますが、本気で吐き気を催すレベルでした)

 

 

 

2日目は、吹きガラスでコップを作ったあと、わずかな晴れ間に海に入れました。

f:id:yukana777:20170820004635j:plain

青い空!青い海!とはならなかったものの、たくさん泳いで気持ちがよかったです。

 

そんな私と妹を見て、着替えなかった母もどうしても水に入りたくなった様子。

f:id:yukana777:20170820002458j:plain

一生懸命ワンピースをまくり上げていましたが、

f:id:yukana777:20170820002802j:plain

どうにもこうにも裾が濡れてしまいそうでした。

結果、

f:id:yukana777:20170820003138j:plain

教訓としては――沖の方から叫んでも、あまり岸には聞こえない、ということでしょうか。
母上は何事もなかったかのように、裾を下ろして陸へ戻っていきました。

(ちなみに、母に掲載の許可を頼んだら「水着も下着も一緒!」と謎のOKをもらいました。)

 

 

 

というかんじで、今年も楽しい家族旅行でした。

後日家に届いたグラスも、とってもよいかんじです。

f:id:yukana777:20170820003839j:plain

 

 

 

マンガ、どの方法がいちばん手軽に適当に描けて、なおかつブログに載せやすいのか、模索中です。

もうしばらく、試行錯誤にお付き合いください。

 

妹自慢、ところで人を頼るってむずかしい

出発まであと一週間を切りました。

荷詰めを始めた途端、急に「あー行くのかー」って実感が湧いてくるもんですね。

 

こないだまで、ほんと実感なくて。

もうこれで10か月会えないんだ、帰ってきたらこの人との関係性はすっかり変わってしまっているかもしれないんだと思うと、みんなにバイバイするのはすごくすごく寂しいんですけど。でもなんか実感とは違うような。

 

 

いちばん恋しく思うのは、きっと妹なんです。

チャンバラとかふたりミュージカルとか、バカなこと一緒にやるととても楽しい。昔はケンカばかりでしたが、今はいちばん、なんでも話せる相手です。

f:id:yukana777:20170814203911j:plain

いま帰省中で、毎晩となりで寝ているんですけど・・・まだぜんぜん、寂しくなるなあとか感じません。

まずいです。
これたぶん、行って数日して、ふとした瞬間に耐えられないほど切なくなるんじゃないでしょうか。

そんな予感はするのに、あと数日大事に一緒に過ごそうと思うのに、大した話もせず一日を終えたり。

 

そーいや、妹に「ゆかなのブログ、重い。ちょー重い」と文句言われてしまったんですけど、自分のための心情メモも兼ねているので・・・なんかしょうがないかな、と開き直ってます。人に見てほしいときはFacebookにのっけようかなと。

ちゃんと現地着いたら、滞在記とか日常マンガとか載せますから!

 

 

 

 

さて、本題です。

 

留学に際して、いろんな人からメッセージやアドバイスをもらいました。

そうすると、みなさんがおっしゃることのなかで共通していることがいっぱいありますよね。より何度も何度もしみ込むかんじがあります。

ふたつ、自分としてはちょっと意外だったアドバイスがありまして。

 

 

ひとつめ。

 

「勉強よりも、楽しむんだよ」
「エンジョイが第一!いろいろ学んでこなきゃ、って気負いすぎないで!」

 

先輩や留学経験者の方にもたくさん言われました。

先生からの手紙にも、「勉強は必要最小限にして、留学先でしかできないことをたくさん経験してきてくださいね」とあって。

 

「えー留学の『学』って『学ぶ』じゃん、思いっきり勉強するぞー!いろいろやるぞー!」と私はついつい思っちゃうんですけど。

そうやって気合い入れすぎると、自分の中で理想像を高くもちすぎて「ああ思った通りにいかない・・・」ってぷしゅーってなっちゃうよ、ってことなんでしょうか。

 

あと、勉強にしろ部活にしろなんだって、人間やってて楽しいときが、いちばん吸収がいいんじゃないかな。好きこそものの上手なれ。

だからいろいろなことを見て、学んできたいなら楽しんじゃうのがいちばん手っ取り早いよ、ってそういうことなんだと思います。たぶん。

 

 

 

ふたつめ。
意外っていうほどではないけど、自分はこれとくに覚えとかなくちゃと思ったもの。

 

「愚痴は吐き出すこと」
「悩んだときは、いつでも日本の家族や友達を頼ること」

 

いま留学に行っている英語科の友人は、とくに詳しく書いていました。
「悲しかったり、ムカついたりっていうようなマイナスな感情はため込んじゃダメだよ!(中略)どうしてもマイナスな感情は出てくるものだからね!」と。

 

わかってます。困ったら誰にでもいいから話を聞いてもらうこと!って、私自身、後輩への手紙で書いたくらい。

でも、人を頼るって、むずかしくないですか?

 

文化祭やら、代表の業務やら、仕事を割り振るのは比較的とくいなんですけど。
いろいろ疲れたり困ったりしたら、グチグチ話を聞いてくれる友達も妹もいるんですけど。

 

誰かから言われたのか、自分で決めたのかは覚えていませんが、自分のなかでのミニルールにこんなものがあります。

1.愚痴はいい、悪口はよくない。
2.本音はいい、弱音はよくない。

 

1の区別は、わりと簡単なんです。

できるだけできるだけ、人のことは悪く言わない。どうしても吐き出したいときは、「〇〇ちゃんが~だったから、私は~~~で悲しかった・・・」と自分主語がメインならまだよくて、「〇〇ちゃんってさ~」と他の人主語で語るのはアウト。

 

2がわりと難しい。

小学校のとき、弱音は吐いたらいけないと教わりました。周りの士気まで下がるし、自分自身も言葉にしたらもっと気持ちが弱くなるよ、と。

かといって本音までどこにも出さなかったら、それって一人で抱え込んでるわけですよね。自分をどんどん苦しくしてしまうから、それはよくない。

 

だけど、境目がいまいちよくわかりません。

どこまで弱音で、どこから本音なんでしょう。

本音のなかに弱音が含まれているなら、じゃあどこまで吐き出していいんでしょう。人に頼ってぶつけていいんでしょう。

 

 

やっぱり難しいです。まだわかんないです。

(そしてまた重くなってしまってごめんね妹よ)

迷子予防のストリートビュー

こんにちは。方向音痴です。

 

初めて寄ったコンビニは、出た瞬間どちらの方向へ向かえばいいのかわからなくなります。
道の物覚えがものすごく悪いです。電車の乗り換えも苦手です。
グーグルマップとの相性が悪いのかよく嘘を教えられます。
かといってアナログの地図も読めません。

そんな、方向音痴です。

 

 

だから、よく迷子になります。

知ってる道もよくなるけれど、もちろん初めてのところは基本「あれ、あれ、なんか地図にない場所に来てしまったようだ私!!!」と思うことが多々。

 

個人的にはもう諦めているというか、「いやーよく迷子になるっていう特徴もメリットあるよね!」って思ってたり。(こんなこと言うと今まで迷惑をかけたみなさまに殴られそうですが)

 

だってほら、入学したての頃は「方向音痴なのか!じゃあ先輩が国分寺周辺を案内してあげよう!」みたいな優しい方々においしいものたくさん食べさせてもらったし!

部活で遠くの駅に集合の日とかは「ゆかなは方向音痴になるから誰か一緒に来てあげて!」ってなるから行き帰りの道中寂しくなくて楽しいし!

迷子になって困ってると知らないおじさんとか助けてくれて仲良くなれたりするし!

 

 

しっかしまぁ、そんな甘ったるいこと言ってられないのが留学中。

明らかに「この街初めて!まいご!」みたいにうろついてると、スリやサギの格好の標的になるらしく。
冬場なんて、平均最高気温さえ氷点下な雪の街でさまよってたら、死にます。

 

 

そんなわけで、暇なので迷子対策…というより予防しようと思って!

 

最近、Google ストリートビューでお散歩しています。

 

ほんとは、行くまで景色は楽しみにしておこうと思って見ないでおいたんですけど、さすがにそれだと初めて行ったときに建物もわからなきゃ困るかなあと思いまして。

 

 f:id:yukana777:20170807194207p:plain

 

f:id:yukana777:20170808174903p:plain

ウメオ空港の前。

いやはや、田舎です。

 

 

ちょっと心配になって、こちらの地元、静岡空港の前もストリートビューで見てみたんですが、

f:id:yukana777:20170808174711p:plain

静岡の街が政令指定都市であるわりに、空港の周りはちゃんと田舎(?)だったので、なんか安心しました。

地方の空港の近くはどこもこんなかんじなのかもしれないなーと思って。

 

 

しっかし

f:id:yukana777:20170804175942p:plain

寮の近く。

 

 

f:id:yukana777:20170808175211p:plain

大学の前。

 

「ウメオ?なんであんな何もないとこ行くの?」と友人に言われてましたけど・・・いやはや、ほんとに何もないのかもしれないと心配になってきた。

 

なんか、クリックして歩いても歩いても、
木!だだっぴろい道!木!木!また木!お、ようやく建物!木!木!
みたいなかんじがします。
高い建物がないから、空がどこまでも続いているというか。

 

アメリカのアリゾナに行ったときも思ったことですが、外国って田舎に行っても建物自体は大きいですよね。

日本の田舎っていうと、地主なんだろうなっていう家はそりゃ大きいけれど、やっぱり横にはあまり広がってなくて、さわーーーーっと茶畑が広がる中にぽつんと家が建ってたり、急斜面の山の中に肩身が狭そうに建ってたりするイメージです。

 

 

画面のなかで街を歩けば歩くほど、早く現地に行ってみたいという気持ちが強くなります。

 

このストリートビュー2009年って書いてあるので、きっといろいろ変わってるだろうし。ちょっとは開発が進んでたりするんでしょうか。

あと、静岡の実家にしても、神奈川の家にしても、学校の近くにしても、視界はいつも建物や電柱の額縁つきじゃないですか。
それがないようなところに行ったら、どんなに気持ちがいいだろうと思います。むしろ不安になるのかもしれないけど。

 

出発まであと2週間を切りました。

早く行きたいな!

<マンガ日記>あちこちバイバイ

怒涛のテスト・レポート期間が終わりました。
あとは夏休み!近い人たちとはたくさん遊んでいっぱい話して、遠い人たちには会いにいく計画を立てました。

 

 

 

さてさて。

あれから、またあちこちで送り出してもらいました。

実際の出発はまだ先なのですが、8月から夏休みに入ることもあり、いろんな人と会えるのが留学前最後なのです。
4年生の先輩方など一部の方々とは、もしかしたら留学前どころではなく、これで最後になってしまうかもしれません。

 

いろんな人からあたたかい言葉をもらったり、素敵なプレゼントをいただきました。
とってもとっても嬉しいので、見せびらかさせてください。

 

教授からは優しい励ましの手紙

f:id:yukana777:20170801234342j:plain

 

てらこやの4年生さんたちからは可愛い寄せ書き

f:id:yukana777:20170801234414j:plain

 

 

学科のお別れ会では、なんかもう・・・うるうるせずにはいられないビデオメッセージとボードをもらいました。

途中で始まったゆかなビンゴがおもしろかった。

f:id:yukana777:20170802234124j:plain

 

この会についてのマンガ日記
というより雑メモ

f:id:yukana777:20170814210441p:plain

 

ペンタブに慣れたくて慣れないデジタルで雑に書いたので見づらいことと、内輪ネタのデパートになってること、お許しください。 

f:id:yukana777:20170814210501p:plain

メッセージビデオ、ほんと素敵だった。あとから音源と使った画像全部のデータも送付してくれるあたり流石。

 

向こういったら、もうちょっと見やすくわかりやすくできるようがんばります。
それまでに、デジタルでもさらさらっと描けるようになっていたいなあ。

 

f:id:yukana777:20170814211117p:plain

f:id:yukana777:20170814211119p:plain

 しつこいようですが、盗撮は犯罪です・・・トホホ(冗談です、ほんとにやばいことはやってないです!)

 

 

やさしい励ましの言葉をかけてもらえばもらうほど、しばしの別れを惜しんでもらえばもらうほど、「行くの悲しいなぁ・・・」よりも「帰ってくるの楽しみだなぁ」って思えることに気が付きました。

 

できれば10か月後スウェーデンから去るときも、これくらい(言葉だけでも)さびしがってくれる友達ができたらいいなぁ、とも思います。

 

ふふふ。
いい思い出がたくさんできました。

 

授業一覧

現地の大学でとることになった授業一覧のメモ

 

  • Cognitive Psychology 1
    認知心理学
  • Personal Psychology
    (人格心理学)

  • Education: Teaching and Learning in an Internnational Context
    (教育:国際的背景における教授と学習)

  • Swedish for International Students, Beginners' Course 1
    (留学生用 入門スウェーデン語)

  • English A: Cultural Studies and Academic Writing
    (英語A: 文化学習と学術的記述法)
  • English A: Literature
    (英語A:文学)

 

日本語訳が苦しい。
見てもらえればわかるように、いろんな分野のものをあっちこっちつまみ食いしてるかんじです。

これは2017年秋学期の分で、春学期はまた後で登録するみたいです。
そっちの学期で、例の教育実習のようなことができる授業など、もう少し教育寄りの授業をとる予定です。

 

 

ところで、かねてから聞いていたとおり、同じ授業なのに、時間帯も場所も毎回バラッバラ!

 

たとえば、English A Literatureのクラス

ある週は、
月 10:00-12:00(Ub棟〇〇教室)
火 10:00-12:00(HC棟△△教室)+13:00-15:00(HB棟◇◇教室)
水 10:00-12:00(HC棟✖✖教室)

なのに、その翌週は
月 10:00-12:00(HC棟△△教室)+13:00-15:00(Ub棟✖✖教室)
火 10:00-12:00(HC棟△△教室)+13:00-15:00(HC棟△△教室)
水 13:00-15:00(HB棟◎◎教室)
木 10:00-12:00(Ub棟〇〇教室)


みたいな。
ほんとバラッバラ。

 

かと思えば、Swedish for International Studentsのほうは、

「次の中からいちばん都合が良い時間のコースを選んでください!
①月+水 10:00-12:00
②火+木 10:00-12:00
③火+木 13:00-15:00」
となってたり。

こんなふうに比較的、日本の大学のように毎週の時間と教室が決まっているタイプもあります。

 

となると、絶対授業がかぶるのです。

こういうときどうするんだろう、欠席数カウントとかどういうシステムなんだろう・・・とかはまあ、オリエンテーションを聞いてから考えようと思います。

 

 

向こうでの授業への期待に胸をふくらませるのもいいけれど、まずはこちらの大学で目先のレポートとテストをがんばらねば!!

さびしいは、あたたかい?

留学と関係あるような、ないような。
これも一種の心境なので、書き留めておきます。

 

みんなで遠くへ行った帰り道の中央線が、きらいです。

「中央線 車内」の画像検索結果

 

さびしいからです。

夜だとなおさら。車内で横一列になって、電線に並ぶスズメみたいに楽しく喋ってたりするとなおさら。

 

すごく楽しかった旅行とか大会とかって、いわば非日常じゃないですか。大好きな人たちと時間を忘れてわちゃわちゃできる非日常です。
それが中央線に入ったとたん、がたんごとんと日常に戻ってくるかんじがします。

あと何駅で、「おつかれさまです~」ってしなくちゃいけないなあと思うと、それまでが楽しければ楽しいほど、さびしくてどうしようもなくなります。

 

 

おととい、大会のあとの帰り道が、悲しくてしかたありませんでした。

たぶん、金曜夜から日曜夜までほとんどずっと一緒にいたからです。
あと、留学前最後の大会、最後の打ち上げだったから。

 

f:id:yukana777:20170718235230j:plain

この大会で部長職を譲る先輩に打ち上げで渡した色紙(上手く描けたのでここでも自慢させてください)

 

「終わっちゃいましたね…すごく寂しいです」
と私が溜め息をつくと、同じく留学に行く先輩はゆっくりうなずいて、
「うん、寂しい。でも寂しいのって、どこかあったかいよね」
と言いました。

 

「すごく寂しいんだけど、そう思えることが、なんかあったかい気がする」と。

わかるような、わからないような。

 

「私は逆です。楽しければ楽しいほど、同時に寂しくなっちゃいます」

だって、そのうち終わるのがわかっているからです。

夜のディズニーランドでよく似た気持ちになります。
昼の何倍も綺麗でロマンチックでいっそう盛り上がって、なのにどこか切ないかんじ。

そこまで行かなくても、妹との布団の上でのふざけっこでも。
おなかの底から笑いながら、数秒間だけ変に冷静に「こうやって遊べるのも今だけだな」って思っちゃうというか。

 

小学校の頃にはそんなことなかったのにいつの頃からか、楽しいときには、そのなかに少しだけ逆向きの感情が混じることを感じるようになりました。

 「たのしー!ってしているのが赤色なら、その奥には青があるんです。寂しいとか切ないとか。」

「でも、赤があって、青があって。その先にはまた、あったかい赤があるんじゃないかなあ?」

「言ってることはわかりますけど、私はやっぱりまだそこまで実感できません。
・・・さびしいものは、さびしいんです!」

私はそう会話を終わらせてしまったんですけど。

 

 

そのあとでちょこっとだけ、ほんっとちょこっとなんですが、先輩の言っていたことがわかりかけたようなそうでもないようなときがありました。

 

みんなが降りる大学の最寄り駅まであと数駅になったとき、隣に座っていた後輩の女の子が
「先輩、ほんとに行っちゃうんですか。行ってほしくないけど、行ってほしいけど、やっぱり行ってほしくなくて・・・わかんないです。すごくさびしいです」
と私に言いました。

 

「短い時間でこんなに仲良くなれると思ってなかったんです。先輩ほんとに行っちゃうんですか」と。
その目があんまり悲しそうなものだから、私が泣きそうになってしまいました。

 

胸がきゅうっと両側から押されるようにまた一気にさびしさがこみ上げてきたなかで、一瞬、「でも、ここまで言ってくれる後輩ができたんだ。この子とここまでの関係になれたんだ」とほわっと嬉しいような誇らしいような気持ちになりました。

 

もしかして、これがあったかい?

 

そんな人の心を学んだロボットのようなことを悟りかけたのも束の間


やっぱりさびしい!つらい!この感覚は好きじゃない!先輩言ってることわけわかんない!
と心の中で叫んだ日曜の夜でした。

 

 

 

画像もらったとこ
https://i.ytimg.com/vi/YxU6e96y2-E/maxresdefault.jpg

やりたいことリスト

出発まで、あと1ヶ月ちょっとです。

できるだけ、「ああ~あれやっとくの忘れた~」とならないようにメモします。
思いついたらまた追記します。

 

それまでにやりたいことリスト 

〇話したい人たちとごはんを食べる
 学食でもいいから、とにかく一対一で食べたい

〇好きなものをたくさん食べる
 詳細は別記だなこれは

〇テコンドーで緑帯をとる!

〇妹と新聞紙チャンバラする、
 ふたりミュージカルする、
 深夜のトーク会をする、
 その他いろいろ馬鹿なことをする!!

〇お世話になった人たちに手紙を書く
 10ヵ月経ったらいろいろ忘れちゃうかもしれないから!

〇気に入っている文房具を買いだめておく

〇てらこやの子どもたちとたくさん戯れておく

〇川か海に行く

〇友達といっぱいしゃべる、写真をとっておく
 できれば、また一緒に夕ご飯作って食べたいな

〇本をたくさん読んでおく
 新しいのじゃなくて、お気に入りのやつを飽きるほど!

〇いとこといっぱい遊んでおく
 たぶん、帰ってきたら声変わりしてるぞあいつ・・・

〇母校の先生に会いに行く

 

 

 

食べておきたいものリスト

〇くらずし

〇ゆいばあばの豚汁

〇おさしみ

〇学食の豚みそ焼肉丼

盛岡冷麺

〇ぬか漬け(とくに人参)

〇お母さんのチャーハン

〇テコンドー部特製チヂミ

f:id:yukana777:20170711010658j:plain

 

〇玉ねぎのみそ汁

〇しらす

〇生さくらえび

〇おばあちゃんの白菜スープ

〇鶏肉

〇ナスのしなしなしたやつ

〇りんごあめ、ぶどうあめ

〇マシュマロ(ホワイトって書いてある緑色の袋のやつ)

f:id:yukana777:20170711005251p:plain

〇冷やしきゅうり

〇わかめサラダ

〇マンゴージュース

〇お母さんのよくわかんないまぜごはん

〇焼き鳥

〇わたあめ、もしくは水あめ

〇おばあちゃんのもちもちお好み焼き

〇くらげの和え物

〇ふわふわした白い魚を揚げたやつ

〇お茶飴

〇おばあちゃんの「ほねほねロック」

パピコ

〇玉ねぎチンして肉みそのっけたやつ

〇お母さんのチーズケーキ

〇妹のレアチーズケーキ

f:id:yukana777:20170711010224j:plain

↑これ去年の私の誕生日に妹が作ってくれたんです
ホワイトチョコの蝶々やお花まで手作り・・・すごくないですか?うちの妹良くないですか?

〇おばあちゃんの謎の和え物

〇しそ茶漬け

〇しゃぶしゃぶ

 

 

これ、ブログ初めて以来最高に、他人に読ませる価値のない記事な気がします。
いつも基本的に自己満足のひとり言なんですけど、今回はとくに。