さむがりがさむいところへ

スウェーデン滞在記。北部にある小さな町、ウメオに1年留学をすることになったので、日々のメモと写真とマンガ日記を残しておきます。

9月1日 夏のオーロラ、いやこれを夏とは呼ばん

今日も朝から天が高く、ゴミ出しに行く足取りも軽くなります。

f:id:yukana777:20170902175856j:plain

空気が澄んでいるのか、毎日ほんとうに空がきれいです。日本の冬を連想するのは、その青さでしょうか。

 

今までそんな趣味もなかったのに、気がつけば写真フォルダには空ばかり。

f:id:yukana777:20170902180528j:plain

 

 

「この最高の天気なら、今日こそオーロラを見れるはず!」ということで、また先日のメンバーで湖へと向かいました。

 

 

夜8時集合だと、まだこの明るさです。

f:id:yukana777:20170902180409j:plain

 

気温もどんどん下がり始め、10℃を切った模様。

f:id:yukana777:20170902180825j:plain

 

夜9時半をすぎて、ようやく一番星がでてきて、月もひかりはじめました。

f:id:yukana777:20170902180644j:plain

 

しばらく喋っていると、SONYの良いカメラで写真を撮っていた友達が急に叫びました。カメラにオーロラが写ってる!と。

f:id:yukana777:20170902181005j:plain

見せてもらうと、たしかに緑の帯。

一同興奮して目をこらしますが、肉眼では写真ほどはっきりと見えません。

言われてみれば、北の地平線近くにうすぼんやりと、白っぽい雲のような帯がたなびいているような。
雲よりもゆらゆらと動いていて、ごく稀に一瞬、緑色の弱々しい光を発します。

オーロラだ!と思わずみんな黙り込んでしまいます。

f:id:yukana777:20170902181247j:plain

弱くなったり、強くなったり。
やっぱり、かすかなアーチは、灰色の虹にしか見えません。

だけど、オーロラ!ついにオーロラが!見れました!

 

 

近くにいたスウェーデン人のおじさまたちがいろいろ話してくれました。

「まだまだ、弱いからね。こんなもんじゃないよ」

「冬になると、これが空いっぱいに広がる。緑色だけじゃなくて、青や赤に一瞬ごとに変わり続けるんだよ」
だそうな。

冬が楽しみです!

 

 

 

・・・とは思うものの。

帰り道の気温は、8℃。
寒くてじっとしていられません。

「まだ夏だよ!」とみんな言うけど、「いやこれを夏とは呼ばん!冬じゃ冬!!」といつもひとり反駁する私。

だってこれを夏だと認めたら、私冬までこの街で生きていられない気がします。

f:id:yukana777:20170902183121j:plain

f:id:yukana777:20170902183151j:plain

ブログのタイトルにするくらい、ほんとさむがりなんです私。